• ご利用案内
  • レンタルの流れ
  • 特定商取引に関する表記
  • プライバシーポリシー
  • よくある質問
  • お問い合わせ
営業カレンダー
2017年10月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

※赤字は休業日です

着物ヘアスタイル 成人式 自分で出来る簡単アップヘア 着物の選び方 着物の豆知識 着付けの解説 七五三 三歳 被布の着付け方
着物レンタルはるか屋 > 着物の豆知識

着物の豆知識

はるか屋 きもの歳時記

レンタル着物ご愛用の皆様に、依り一層着物に親しんで戴きたいと、小さなコーナーを設けました。

着物は三代と云うのをご存知ですか?
お祖母様 お母様から譲られた、
大切な思い出が込められた『きもの』
季節を目で。肌で感じられる。四季折々の『きもの』
子供の時 娘の時の喜び等、さまざまな思い出の『きもの』
そんな着物について、忘れていた事や、知らなかった事の豆知識をつれづれに、お届けいたします。
疑問・ご相談も、是非お寄せください。

五月 (皐月)

新緑の美しい季節 重いコートや、羽織から解き放たれて、帯つき姿で歩きたくなる季節です。 最近はめっきり少なくなった着物姿もこの時期は街で見かける事が多くなります。
袷の着物は、何時まで着られますか? と良く聞かれますが、昔からのしきたりから云えば、十月一日から五月末日までが、袷の季節ですが、昨今のように気温の定まらない、夏日や真夏日に成るようでしたら、月の半ばくらいから単衣の着物 (裏地の無い着物)に、替えても良いでしょう。
但し、フォーマルな席に出掛けられるなど、着る時 着る場所を考えしきたりを、知ったうえで『きもの』を楽しんで下さい。

六月 (水無月)

冬から夏へ着がえる衣更えの季節 裏地の無い単衣が、肩に軽く感じられます。
単衣の着物は、六月と九月に着るのですが、例えば 菖蒲や燕の柄・紅葉や萩など、季節感のはっきりした着物は、その月だけを楽しむ贅沢な着物です。
贅沢な着物と云えば、無双 二枚を一枚に仕立てるリバーシブルの着物です。絽の小紋に、薄物の紗を合わせて、着物やコートに仕立てて、透けて、揺らぐ美しさ楽しめます。若い時に着て派手になった付け下げや 小紋の着物に、薄色の紗を合わせると、いまの貴女に、ぴったりの着物に、生まれ変わります。
派手になった着物を、仕舞い込むのでなく、着物上手に、着こなして戴くお手伝いも、はるか屋は致して参ります。

七月 (文月)

いよいよ夏! 七・八月は、薄物と云われる 絽・紗・羅 など、涼やかな着物になります。
夏の着物の体に添って流れる優雅さは、絽の着物に尽きると云われます。
 『薄物を緩やかに着てくずれざる』
現代の着慣れていない私たちには風の通り抜けるような着こなしは無理としても、暑い季節だからこそきりっと背筋をのばして着れば、涼しげに見える
夏の着物に袖を通して見たいものですね。

暑い時期ですから、着物の色も 白や淡いブルーが好まれるのは当然ですが、気を付けて戴きたいのは長襦袢のことです。
意外と多いのが、薄いからと、ピンクを着る方がいらっしゃるのですが、離れて見ると、透け見えるのです。着物の色同じ色か白に揃えましょう。

帯はやはり夏素材の、羅織・紗織・麻等、涼しげな織物
帯や小物は色数が多いと暑苦しくなりますので、出来るだけ色味の少ない物をそろえます。
帯揚げも 絽や紗と云った夏の生地 帯締めもレース組など軽やかな物を合わせましょう。

八月 (葉月)

暑さも一段とまして、花火の季節と共に色とりどりの浴衣が街に溢れて来ます。
昔は 風呂の湯上がりの汗取りに白麻地で着られたものですが、木綿地の広まりと共に、くつろぎ着や盆踊り夏祭りの衣装へと広がって行きました。
浴衣は、柄ゆきも小紋・大紋に対して間の柄 中形と呼ばれましたが今では柄の大小にかかわらず浴衣地の事を中形と云います。浴衣は藍染め 藍絞りでしたが、プリント染めの普及で現在の多彩な浴衣になりました。

浴衣を着る

街着として着る浴衣は別として、お祭りや花火のときの浴衣は 長襦袢は着ません。裾除け 肌襦袢に直ぐ浴衣を着ます。 最近は裾除け 肌襦袢が一対のワンピース形が有りますので便利です。若い方はキャミソールやスポーツブラのパットの無い物 下はペチコート等の滑りの良い物を着て下さい。

着た後の手入れ

汗で湿った浴衣は、風通りの良い日陰に半日は干して下さい。汗ばんだ処に軽く霧を吹いて置くとなお良いでしょう。
  着物はすべてそうですが、長いことハンガーに掛けないで下さい。事に洋服のハンガーは形崩れの原因になります。アイロンをして、きちんと畳んでしまうのが良いのですが、アイロンが大変な方は畳んでからシーツなどの綺麗な布にはさんで上に重い本などで重しをして下さい。
昔は 霧を吹いてゴザの間に挟みました湿気も抜けて一番良い方法でした。
来年も気持ち良く浴衣を着られるように、お手入れをしましょう。

このページのトップへ

このページの先頭へ