• ご利用案内
  • レンタルの流れ
  • 特定商取引に関する表記
  • プライバシーポリシー
  • よくある質問
  • お問い合わせ
営業カレンダー
2019年1月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2019年2月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

※赤字は休業日です

着物ヘアスタイル 成人式 自分で出来る簡単アップヘア 着物の選び方 着物の豆知識 着付けの解説 七五三 三歳 被布の着付け方
着物レンタルはるか屋 > 七五三まめ知識・七五三Q&A

七五三まめ知識・七五三よくある質問

七五三まめ知識

七五三は本来、三歳の男女児の「髪置き」(この日から髪を伸ばすため、生まれてきたときの髪を剃る儀式)、五歳の男児の「袴着」(初めて袴をつけて、成長を祝う儀式)、七歳の女児の「紐解き」(今までの付け紐を取り、初めて帯を結ぶ儀式)という、古来の祝い事にまつわる行事です。現在は11月の15日前後に、三歳の男女児と5歳の男児、七歳の女児が神社に詣で、成長祈願をする行事として定着しています。

七五三の衣裳(3歳・5歳・7歳)
三歳
肩上げした着物にお被布というベストのようなものをはおります。帯は結ばない事が多いです。結ぶ場合は兵児帯を結びます。
五歳
鷹や兜、龍や馬など男の子らしいたくましい柄の羽織に、仙台平(せんだいひら)の袴。有職文様を金糸を用いて織り出した金襴袴も人気です。
七歳
格調高い絵羽文様の振袖から、カジュアルで可愛い小紋柄まで、多様なデザインがあります。はこせこや髪飾りなど、かわいい付属の小物がたくさんあります。目次へ戻る
七五三の由来
子供の成長の節目となる年に、無事成長したことを祝い、髪に感謝し、今後の幸せと健康を祈るのが七五三の行事です。昔は今とは違い、子供が無事育つことは困難でした。だからこそ、感謝と祈りの思いを込め、家族揃ってお祝いしたのです。目次へ戻る
何歳でお祝いする?数え?満?
昔は数えで、男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳でお祝いしました。近頃では満で、男の子は五歳、女の子は三歳と七歳でお祝いするのが一般的です。(地域により異なります)兄弟、姉妹で同時に済ませるよう、年齢にこだわらず行う事もあります。目次へ戻る
七・五・三とは
日本では奇数を陽数、偶数を陰数といという考え方があります。元旦やひな祭り、五月の節句など、お祝い事は奇数の重なる日に行います。目次へ戻る
11月の15日がなぜいいの?
11月15日は「鬼宿日(きじゅくにち)」といい、鬼が出歩かない日とされています。近頃では日にちにはあまりこだわらず、10月の後半から12月前半の土日にご家族が揃える日程で行われる事が多いです。目次へ戻る
お母様、お父様の服装
お母様は訪問着や紋の付いた色無地、お父様は色紋付や黒紋付など礼装の装いが適しています。目次へ戻る

七五三よくある質問 三・五・七歳共通

1.商品のお届け日・ご返却日・お支払いについて
「レンタルの流れ」ページに詳しく明記しております。こちらからをご確認下さい。目次へ戻る
2.予約状況の見方
各商品、詳細ページに掲載のカレンダーで、
ご使用日が「」になっている場合 → レンタル予約可能
ご使用日が「×」になっている場合 → レンタル予約不可
目次へ戻る
3.商品の在庫状況
サイズをお選びいただく項目がありますが、一つの商品に対して違うサイズのものがいくつかあるわけではありません。七五三衣裳は肩上げをするので、裄を知る為にご身長を伺っています。 レンタル商品は、在庫数管理ではなくスケジュール管理(予約状況)によってご利用可能かどうかが決まります。目次へ戻る
4.レンタル料金
レンタル商品の料金は、商品のスケジュールと商品準備作業に対して発生しております。
販売商品の場合、物を買うので物を返せば返金となりますが、レンタルの場合、その商品の時間を買っているので販売商品と同じように、受け取らない・使わず返却するなどにより返金やキャンセルはお受け出来ません。また、商品を発送させていただくまでに発生する作業に対しての手数料でもありますので、商品発送準備が完了した時点で、既にご利用が発生しているものとお考え下さい。それらを踏まえた上でキャンセル料金を設定させていただいております。目次へ戻る
5.延長料金
10月・11月中の七五三衣裳のご利用につきましては延長をお受けしておりません!
延長をご希望の場合は、2回分のレンタル代金を頂戴するようになります。
無断でご延長されますと、次にご利用のお客様の大切な七五三が台無しになってしまいます。
レンタル商品は思いやりのリレーです。目次へ戻る
6.商品の変更について
商品変更によりキャンセル料金が発生することはありませんが、配達日の1ヶ月前までにご連絡下さいますようお願い致します。目次へ戻る
7.日程の変更について
ご使用日の変更は、使用日の1ヶ月前までにご連絡下さいませ。それ以降になりますと、キャンセルと同じ扱いで料金が発生します。
前倒しの日程変更(11/3を10/27へ変更など)の場合は料金は発生しません。目次へ戻る
8.着物の素材について
三歳・七歳・五歳ともに正絹と化繊があります。商品名に(正絹)と記載のあるものは正絹、ないものは化繊です。目次へ戻る
9.セット内容
セット内容は各商品ごとに詳細ページに全て記載されておりますので、必ずご確認下さいませ。肌着はセットに含まれておりませんので、ご希望の方は販売商品の『和装スリップ』をご注文下さい。掲載されている小物類は、お客様のご使用やメンテナンスにより破損・汚損が生じた場合、お知らせなく変更となる事があります。目次へ戻る
10.肌着について
三歳・五歳のお子様の場合、和装用のお肌着は特にご用意なさらなくても大丈夫かなと思います。えりぐりの大きく開いたランニングやTシャツなどで代用可能です。目次へ戻る
11.衣裳を汚したり破損してしまった場合
通常のメンテナンス作業、クリーニング作業で落とせる、直せる汚損・破損の場合は、後日メンテナンス料金をご請求するような事はありません。
ただし、激しい汚損(正絹衣裳に対する大量の水濡れ、血液・体液による汚れ)などの場合はメンテナンス代金をご請求させていただく事もあります。
また、激しい破損(タバコによる焼けこげ、修復の効かない生地の大きな破れ)などの場合はお買取となる事もあります。お買取の金額は原則的にはレンタル代金の3倍となります。目次へ戻る
12.メンテナンスについて
ご利用いただきました商品が戻ってまいりましたら、山形にあるメンテナンス工場にて染み抜き・アイロン等のクリーニング作業を行います。目次へ戻る
13.衣裳のお下見について
商品のお下見は、郵送でお送りさせていただくか、ご来店いただくかのどちらかをお選びいただけます。どちらの場合でも、一度にお下見いただける着物は3点までとなりますので、お申込の際にご希望の商品番号をご指定下さい。なお、当店は通常店舗としての営業を行っておりませんので、ご来店の場合は必ずご予約が必要となります。

※お下見商品の郵送の際の往復送料はお客様のご負担となります。
※七五三の繁忙期の間は郵送・ご来店ともに下見はお受けできません。
郵送の場合は8月~11月、ご来店の場合は9月~11月の間について、誠に申し訳ありませんが下見をお断りさせて頂いております。予めご了承下さい。目次へ戻る
14.ご予約の時期・タイミング
ご予約は一年中承っております。早いお客様ですとちょうど一年前、直前ぎりぎりのご予約ですと、ご使用日の3.4日前というケースもありますが、ご使用日の1週間前までにはご予約いただけますと幸いです。
七五三衣裳のご予約は、7・8・9月がピークです。人気の衣裳で人気のお日取りとなりますと、9月中にはほぼ全てご予約が入ってしまいますので、お日取りが動かせない方やご希望の衣裳があるお客様はお早めにご予約下さいませ。目次へ戻る
15.満でやる?数えでやる?
本来は数えで行いますが、まだ2歳のお子様などは小さくて大変ですし、上下のご兄弟と一緒にやりたいなどの事情により満で七五三祝いをなさる方も多数いらっしゃいます。近頃では、満でなさる方と数えでなさる方と半々くらいなのかなと思います。お子様の体つきやご兄弟との兼ね合いなどに合わせて、ご都合のいい方でなさってみてはいかがでしょうか。目次へ戻る
16.お母様の衣裳について
近頃では一番多いのは訪問着です。お子様の衣裳と色の兼ね合いなどを少し考慮して、後は奇抜過ぎないデザインでお母様の普段お召しになっているお洋服の色めとあまりかけ離れすぎないものをお選びいただければと思います。七五三のお母様の装いとして一般的に良いとされているのは、色無地紋付・色柄の優しい控えめな印象の付け下げや訪問着です。男の子のお衣裳は、黒や紺など暗い色めが多いので、家族写真などのことを考慮しますとお母様は明るい色めがおすすめです。目次へ戻る

七五三 三歳のよくある質問

着付けについて
被布セットのお着付けはさほど難しくはありませんが、お着付けのご経験のない方はやはり着付け師さんにお願いした方がよろしいかと思います。小さいお子様ですので、きっちり着付けてあげないとすぐに着崩れてしまいますし、きつすぎると苦しくてすぐに脱ぎたがってしまいます。
■ 七五三着付けの解説ページ→こちら目次へ戻る
帯は?
被布セットには帯は含まれておりません。見えない部分ですし、小さいお子様ですのであまり苦しくならない方がいいかなと当店では考えております。目次へ戻る
髪飾りについて
髪飾りは、各商品詳細ページに掲載されている写真の通りとなります。前にご利用のお客様のご使用により、著しい破損があった場合には他のものへ変更となる可能性があります。目次へ戻る
髪型について
三歳のお子様は髪の毛の量にとても個人差がある頃かと思います。まずはお子様の髪の量や長さを考慮して下さい。量が多く長いお子様でしたら、着物や髪飾りに合わせてお好みの髪型をチョイスしていただけるかと思いますが、量がすくなかったり短かったりするお子様の場合は、髪型の選択肢が少なくなりますので、まげなどを使うものおすすめです。オプションコーナーで販売商品としてウィッグや髷をご用意しております。ご希望の方はこちらをご覧下さい。 オプションコーナー目次へ戻る

七五三 五歳のよくある質問

着付けについて
五歳男児のお着付けは難しいので、着付けのご予約をおすすめ致します。
お着付けのご経験のある方でないと解説を見てもお着付けは出来ません。
五歳の男の子は動きも激しいかと思いますので、素人着付けですとすぐに着崩れてしまいます。袴がすっぽり脱げてしまうケースもあるようです。きつ過ぎても苦しくなってしまい具合が悪くなったりご機嫌がわるくなったり、楽しい七五三にする為には、やはりお着付けはプロにお任せする事をおすすめ致します。
■ 七五三着付けの解説ページ→こちら目次へ戻る
サイズについて
五歳のお衣裳の場合、一番気にしなくてはならないのが袴のサイズです。袴は身長に対応する部分の長さをあまり調節出来ません。
当店の基本セットの袴は袴丈60センチで、小さいお子様は袴紐を1回折り返して、大きいお子様は下の方に着付けて、というように着付け方の工夫によりご身長102~113センチまでのお子様に対応出来ます。
袴の着付けの位置は袴帯の位置で決まってきますので、ちょうどいい袴の位置を確認してから帯を締めます。この、袴帯の位置を決めるのは、着付け師でないと難しいです。
着物の着丈は短く身上げした状態でのお届けとなりますので、腰紐でおはしょりしたり身上げしていただく必要はありません。
ご身長が102センチ以下、または113センチ以上のお子様は、基本セットの袴ではご着用が難しいかと思いますので、オプションコーナーまたは、各商品詳細ページにあります関連商品より、イレギュラーサイズ袴を御注文下さい。
オプションコーナー目次へ戻る
袴と着物の組み合わせについて
大変恐縮ですが、袴と着物の組み合わせの変更は承っておりません。目次へ戻る

七五三 七歳のよくある質問

着付けについて
お着付けは二部式の結び帯を合わせているセットと普通の袋帯を合わせているセットによりかなり難易度が違います。着付け方の解説ページを設けておりますが、素人着付けですとどうしても着崩れしてしまいます。きつすぎても苦しくて具合が悪くなってしまいますので、お着付けはご予約される事をおすすめ致します。
■ 七五三着付けの解説ページ→こちら目次へ戻る
帯について
帯は二部式のものとそうでないものがあります。どちらのタイプの帯かは、各商品ごとに詳細ページに写真が掲載されておりますのでそちらをご確認下さい。目次へ戻る
髪飾りについて
髪飾りは各商品詳細ページに掲載されている写真の通りとなります。前のお客様のご使用により著しい破損が生じた場合は他のものへ変更となる場合もあります。髪飾りを 勝山タイプ へ変更なさりたい方は、オプションコーナーまたは各商品詳細ページにあります関連商品よりお着物と一緒に御注文下さい。目次へ戻る
髪型について
七歳になりますと、三歳の頃よりも髪型の選択肢はかなり広がります。着物も古典的なものから個性的なものまで様々あり、それぞれにかなり雰囲気が違ってきますので、着物の雰囲気に合った髪型にする事がとても大事です。当店では、ご用意させていただきます髪飾りを全商品ホームページでご紹介させていただいておりますので、その画像をお支度なさる美容師さんに事前に見せてお打ち合わせをなさるとより良いかと思います。なかなかこれといった髪型が決まらない場合は、七五三関連商品にウィッグや髷、追加注文用の髪飾りをご用意しておりますので、ぜひそちらをご覧下さい。目次へ戻る
【ぽっくり】について
草履がセットされているお着物にぽっくりを合わせたい場合は、関連商品より御注文下さいませ。目次へ戻る
コーディネートの変更について
七五三衣裳につきましては、コーディネートは写真の通りとなります。大変恐縮ですが、コーディネートの変更やご指定は受けする事が出来ません。草履・髪飾りの追加注文は承っております。目次へ戻る
このページの先頭へ